入れ墨が原因で感染するb型肝炎の症状と健康管理

b型肝炎は様々な経路で感染する難病ですが、近年では入れ墨を入れたことが原因で患ってしまうケースが増加しています。特にファッションタトゥーの普及が感染率の増加に繋がっていることから、入れ墨を入れることの危険性を正しく認識することが大切です。

b型肝炎の症状や感染経路を学び、健やかな暮らしを保つことを心がけましょう。

b型肝炎の症状と感染力の詳細

b型肝炎はウイルス性の肝臓病の一種です。大別すると急性と慢性の二種類がありますが、いずれの場合も初期症状が倦怠感や食欲不振といった、単なる体調不良に酷似しているので自覚しにくい特徴があります。また、放置すると症状が重篤化して肝臓の機能が大きく損なわれる他、場合によっては死亡する危険もあります。

b型肝炎は一度発症すると完治せず、症状を抑える治療を一生かけて続ける必要がある厄介な病気です。また、b型肝炎は感染症でもあるので日頃から衛生管理には十分注意する必要があります。b型肝炎は他の病気と比べて感染力は低い病気です。

そのため、患者の隣に座ったり手を握る程度の接触であればb型肝炎を患う危険はありません。しかし、ウイルスが混在している体液が傷口や粘膜に触れると感染するリスクが大幅に増大します。

特に指先にささくれなどの微小な傷が生じていると、気づかないうちに感染してしまう可能性があるので必ずゴム手袋などで傷口を保護することを心がけます。また、歯ブラシやカミソリ、注射針などの使い回しもb型肝炎の感染経路の一つです。

中でも入れ墨を入れるための道具は使い回しが普通に行われることから、b型肝炎の感染リスクが高い傾向があります。

入れ墨の道具でb型肝炎に感染する理由

入れ墨は皮膚組織に染料を沁み込ませて文字や絵を描き込んだ物を指します。入れ墨は墨を入れるという名称の通り、皮膚組織の内部まで専用の針を突き刺し、染料を入れて形を作ります。作業の性質上、何度も針の抜き差しを繰り返すので強い痛みが続き、体力を著しく消耗してしまうのが特徴です。

また、鋭い針を体に突き刺すことから感染症を患う危険性が高いのも注意するポイントになります。入れ墨用の道具は使い回しが当たり前に行われるので、b型肝炎の感染ルートの中では常に上位を占めています。ファッションタトゥーが広く普及したことも感染者の数が増えた理由の一つです。

b型肝炎は症状が進むまで自分が感染していることに気が付きにくい病気です。そのため、自分がb型肝炎の保菌者である自覚が無いまま入れ墨を入れてしまい、他の人に移してしまうケースがあります。

入れ墨用の道具の衛生管理は明確な基準が無く、それぞれの業者の自主的な努力に依存しているのが現状です。b型肝炎を患うリスクを減らすには入れ墨を入れないのが最良の方法ですが、ファッションを目的としたタトゥーを入れたい場合はb型肝炎の知識を持ち、道具類の衛生管理を適切に行っている業者を利用することを心がけます。

b型肝炎を他人に移さないためのポイント

b型肝炎は感染しても初期のうちは目立った症状が出ないので、自分が保菌者になった自覚を持つのはほぼ不可能です。人によっては自覚出来るほどの症状が出るまでの期間がかなり長くなってしまうこともあるので、知らず知らずのうちに周囲の人に感染させてしまう可能性があります。

自分がb型肝炎の保菌者であることを知るためには定期的な健康診断を受けて、自身の体調を把握するのが正しい方法です。b型肝炎の検査を含む人間ドックを利用するのが最適な方法ですが、費用が嵩んでしまう欠点もあるので慎重に判断する必要があります。

万が一、b型肝炎に感染していた場合は他人に移さないように細心の注意を払うことを心がけます。b型肝炎は感染力が低い病気なので通常の生活環境であれば他人に移してしまう危険は殆どありません。しかし、病気や加齢などの理由で免疫力が低下している人は感染するリスクが高いことから無暗に接触しないように心がけます。

特に高齢者に対してはわずかな量の汗や唾液でもb型肝炎になってしまう可能性があるので、感染している側が体液を付着させないように気を配ることが重要になります。医療関係者は仕事の性質上、様々な病気の患者に接する機会が多いのでb型肝炎の感染リスクも高くなります。

そのため、患者に接する際は特に注意することが大切です。

入れ墨用の道具を適切に管理する方法

入れ墨を入れる行為はb型肝炎をはじめとする様々な病気の感染原因の一つです。入れ墨は専用の針を肌に深く突き刺すので病気に感染しやすい傾向がありますが、使うたびに適切な方法で消毒すれば安全に使うことが出来ます。

ファッションタトゥーは電動式の道具を使うので衛生管理に手間がかかる欠点がありますが、b型肝炎などの難病に感染する危険性を減らすためには必ず正しい手順で消毒を施すことが大切です。道具類の衛生管理は入れ墨業者の責任なので、感染トラブルを防ぐためには適切な消毒作業が必須になります。

b型肝炎のウイルスは消毒薬に対する抵抗力が強いので、安全を保つためには道具を煮沸消毒するのが最も効果的です。一般的に十数分程度の間、沸騰したお湯に入れることで完全な殺菌が可能になります。また、殺菌作用が強い消毒薬であればb型肝炎のウイルスの除去にも使えますが、成分によっては効果が殆ど期待出来ません。

針の部分を外せない電動器具は煮沸消毒が出来ないので薬剤による消毒を行うことになりますが、含有成分がb型肝炎ウイルスに対応している消毒薬を選ばないと意味が無いので十分に注意します。

⇒b型肝炎の無症候性キャリアでも入れる生命保険ってあるの?

健康を損なわない入れ墨の入れ方

入れ墨を入れる行為は肌への強い刺激を慢性的に繰り返すものなので体への負担が大きく、場合によっては著しく体調を損なうことがあります。体が弱っていると免疫力も低下することから、入れ墨用の道具に付着していたb型肝炎ウイルスの侵入を許してしまい、難病に感染する結果に至ります。

入れ墨を入れる際は道具の消毒が適切に行われていることを確認する他、自身の体調が良好な時に実施するのが感染リスクを減らすための工夫です。入れ墨を入れる作業についても立て続けに行うのは避け、日数がかかっても体調の良い時だけに実施するのが健康を損なわない方法になります。

そのため、スケジュール調整に協力出来る業者を選ぶことが大切です。